私の不徳の致すところです

自分の失敗について、知識や経験が至らなかったことを反省していう言葉。自分自身の不始末だけでなく、上司が部下の失敗について監督責任を詫びるときにも使える。